About | Team | Contact
En | Jp

OSO
The building is an office building – approximately 35,000m2 in gross area and 120m in height – in central Vancouver. It is conceived as a stack of glass boxes with multiple orientations to capture the surrounding views of mountains and water.

From the exterior the multi-faceted façade appears arbitrary and abstract. This belies the rigor of its organization, which is symmetrical and repetitive: a centralized core, 4 typical floorplates, and a curtain wall based on one module. Owing to the efficiency of the plan, there are only 6 columns with spans of over 15m. The remaining, cantilevering portions are braced by staggered walls beneath. Since the stacked volumes do not have interlocking floorplates, the boxes appear to slide over each other.

The main driver behind the organization was to find a way to bring the façade closer to the otherwise dark and undesirable “back” area around the core. By allowing the façade to fold inward at regular intervals, daylight and views are introduced in to the depths of the floorplate.

OSO
東京のデザイン・オフィス。建築を軸としながらアートに関心を持ち、インテリア、ランドスケープ、アーバンデザインなど幅広い分野にわたり、空間設計を行っている事務所です。特に、formalとinformal(秩序と無秩序)の関係を捉える発想を具象化することを目指しています。

東京を起点とした国際的な事務所として、日本文化に深く魅了されています。例えば日本には、伝統的な芸術技巧と独特な表現手法、コラージュのように不規則に広がる都市と様式に束縛されない建物、柔軟で開放的な木造建築とその精巧な細工があり、何よりも自然と建築の間に、幾何学的形態と造形を調和する日本庭園があります。

西洋と日本の芸術の背景には相反する考え方が根付いています。西洋文化では、人間を中心とした超越的概念に重きを置き、自然はその背景となります。対照的に日本では、環境を尊重する自然を中心とした世界観になります。一方は、永久性と壮大さを形にする「モニュメンタリティ」の欲望があり、もう一方は、時間と空間を一体に捉える「間」の感覚があります。

文化の差異にデザインの可能性を感じています。双方の伝統からヒントを得て理性と感性を互いに補うことで、新しい発想が生まれます。どんなプロジェクトでも独自の条件があり、特徴を生かしたコンセプトを見出し、内から外へと空間を取り巻く環境を創造することを目指しています。